一家に一人いると、なにかと便利な『お父さん!』 そんな『お父さん!』の、日頃の頑張りや鬱憤を書き綴っているブログです。 どうぞ、よろしくぅ~~~。。。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年02月28日 (日) | 編集 |
皆さん、こんばんわ。


皆さんにたくさんご心配頂き、励ましのお言葉を頂いたおかげで、、かなり痛みも軽減しました。
あらためまして、ありがとうございました。m(__)m


そして…
そんな私が元気になってきた証しに、新しいジャンルにもトライしてみようかな…と。。。



そんなわけで、
今回の記事は、ちょっと思考を変えて...............................怖~いお話にチャレンジしてみようかと…。
(なんでだっ



時期的には、まだ少し早いかもしれませんが、最近、暖かくなってきた事ですし…


『怖い話が…好きと思われましたら、読んでみて下さいね。
『怖い話は…絶対いやっと思われましたら、最後の『あとがき』の部分までジャンプして下さいませ。




いつもの私と、ちょっと違う......................フッフッフッ...................

(普段オチャラケているお前に、怖い話が書けるのか







このお話は、私が中型バイクの免許を取得したばかりの頃…、そう、もう25年ほども前のお話です。


事の発端は、ある伝説的恐怖話でした。


三重県には、『知る人ぞ知る…』と恐れられる、『あるトンネル』があります。

そして、そのトンネル(車道)にはいろいろな言伝えがあり、その恐怖話の内容は様々なのですが、私の知る恐怖話は…
(あっ、このお話は、事実でないかもしれません、たぶん事実ではないと…。(^^ゞ




ある大学生の運転する車が、3人の高校生を乗せて、夜中2時頃に暴走していたそうです。

そしてその時、彼ら4人はその『あるトンネル』を通りかかったのです。


トンネルの中ごろまで差し掛かった時、車の前を黒い影が横切ったように見え、その直後、『ドーンという音が聞こえました。



『あっ、何かをハネてしまった
運転をしていた大学生は、そう思い、あわてて車から降り、車の周りを見渡しました。



しかし、夜中の2時に、トンネルの真ん中で、人が歩いていることなどないだろう…


そう考えた彼は、『きっと、イタチかタヌキでも飛び出してきたんだ。』
と、自分に都合のいい方向で考え始めました。

実際に、トンネルの中には、ハネられた人の姿は無かったのです。



そして、車の中に戻ろうとした彼は、あるものを目にしました。


フロントガラス右下部に、人の手の平の痕が残っていたのです。


タオルで、車内から拭いても消えない.........................
そう、外側から付着していたのです。



「やっぱり、さっきのは、人間だったんじゃぁ
同乗していた高校生は、そういうと、あわてて車の外に飛び出しました。


その1人を追うように、残った3人も、車外に出ました。




しかし、何度探しても人の姿はなく、4人は仕方なく車の中で時間を過ごし、落ち着きを取り戻そうとしていました。




そこへ、1台のタクシーが通りかかりました。


4人は、そのタクシーを止め、運転手に状況を話し、相談しました。



タクシーの運転手からは、「人の姿が見当たらないなら、手の痕なんて以前にどこかで付いたんだよ。

と言われ、その言葉に安堵感を得た彼らは、落ち着きを取り戻し、自分たちの乗ってきた車に戻ろうとしました。
そしてその時、ひとりの高校生が、ある事に気付きました。




「あれっ、あいつがいない…」



「えっ、」



「あっ、ホントだ、いないぞ、あいつ…」




3人いた高校生の内の1人がいなかったのです。


タクシーに向かう時に、車から全員が降りた事を確認した大学生がドアロックを掛けていたはずなのに…



急いで車に戻ると、その1人の高校生は、後部座席に乗っていました。


ドアロックを掛けたのは、思い違いだったのか…


そう思い、車の中をのぞいてみると、彼は、車の中で、死んでいたのです。







..............................と、ここまでが恐怖話です。


そして…
ここから先は、私の実体験のお話となります。







そんな、恐怖話を聞き、私は、早速そのトンネルに行ってみる事にしました。

そして、そのトンネルに差し掛かる直前に、記念写真を撮ったのです。

当時のカメラは、今のデジカメのように即座に写真を確認する事ができず、フィルムを現像して、プリントして…という順序を踏まなくてはいけません。

あの時、即座にその写真が見れていれば.........................




事件は、その写真撮影の30分後に起こりました。

そのトンネルを抜け、更に先にと走行している私に、右コーナーが見えてきました。

そのコーナーに差し掛かった際、テール(リアタイヤ)が流れてしまい、

『このままでは転倒する…

そう思った私は、カウンターステア(流れる方向と反対側にハンドルを切る事です。)を当て、回避しようとしましたが、私のあまりにも未熟な運転技術では回避しきれず、私は走っている自分のバイクの前へ、ふっ飛ばされました。

そんな私を追いかけてくるかのように走ってきた自らのバイクにひかれ、更に後方から走ってきた友人が乗る400CCのバイクの、ジャンプ台の踏み台となったのです。



その結果、右足の骨にひびが入った私は、とりあえず、そのあと数時間ほど走り終え、帰宅しました。
(そのあとも、走ったのか?




数日後、その写真を現像し、プリントした結果、私の写っている写真にだけ、写っていたのです、写るはずのないものが…


それは、『赤い光』なんですけど…

暗い山の中で、更には太陽の方向を充分に考えた上での撮影だったので、逆光とは考えにくいんです。



最初は、『これって、心霊写真と、冗談混じりに言っていたんですが、ある雑誌がそれを確信に変えてくれました。


それは…
『ム○』という月刊雑誌でした。



この雑誌の中には、体験コーナーのような記事が載っており、読んでいると、


『写真に赤い光が…』

『その30分後に交通事故…』


まさしく、私の実体験と全く同じ内容でした。




最初の『トンネルの恐怖話』は、ただの噂話かもしれませんが、写真については(偶然の可能性もありますが)、事実です。




皆さん、どう思いますぅ~~~




あっ、
もう、25年ほど前の話なので、今更何も起こらないとは思うんですけどね。。。


へへへ…(^^ゞ










あとがきです。

初めて書く怖~いお話という事もあり、皆さんには、うまく伝えられなかったかも知れません。

私に、もう少し表現力があれば…と、自分の文才の無さを痛感いたしました。




でもまぁ、たまには、こういう内容のものも.....................どうでしょう。。。



まぁ、私にしてみれば、こんな『赤い光』よりも、妻から放たれる『眼光の方が、よっぽど恐ろしいんですけどね。



結局、私のブログには、何を書いても、最後には.........................

世の中で一番恐ろしいのは……です。

という結論に辿り着くのでありました。m(__)m




はっはっはっ.............................................
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは♪
怖い話・不思議な話は大好きですv-411

確か「○ウ」という雑誌でしたっけ。
できたらば、その「赤い光」の写真、見たかったですねぇv-12
これから夏に向かって、この手の話は大歓迎ですv-221
おまけのオチもまた…ナイスですv-411
2010/03/01(月) 21:55:49 | URL | りん #-[ 編集]
りんさん、コメントありがとうございます。
『怖い話・不思議な話、大好き…』と言ってもらえて、よかったです。v-410
『○ウ』を知ってるってことは.....................
へへへ…


今回のジャンルは、書きなれていない事もあったので、自信がなかったんです。(^^ゞ

『赤い光』はね…
残念ながら、写真は残っていないんですけど、私とバイクを切断するかのような横一直線の光でした。
同じ方向で撮影したその他の写真には、何も写らなかったんですよぉ~。


あっ、もちろん、
その光を上回っております.......................妻の眼光v-313は…
ハハハ…v-411
2010/03/02(火) 07:09:53 | URL | heichan1109 #-[ 編集]
やった^0^
やはり最後はそこですね^^

その雑誌知ってますぞ~~~~~♪

しかし・・・・あるんですね~心霊スポットや写真ってーー;
見たいけどこわいっす・・・・

あ・・・・奥さんも少しこわいっす^^;
2010/03/04(木) 15:33:41 | URL | かあかん #-[ 編集]
かあかんさん、コメントありがとうございます。
恐怖話の締めくくりは、やっぱりv-157v-209.........................ねぇ。。。

まぁ、私v-16が一番恐れているv-399のは、何なのか…v-219
という事でしょうね。

あっ、でもね、
妻にも友達にも信じてもらえなかったんですけど、私ね、何度か見た事あるんですよぉ、霊を…
30歳頃から見えなくなりましたけど。

寝ぼけていたv-395だけなのかも知れませんけどね。。。

へへへ…(^^ゞ
2010/03/04(木) 19:44:28 | URL | heichan1109 #-[ 編集]
こんばんは(^^)/
恐怖体験とか怖い実話とか、私も好きですね~(笑)

でもそんな恐怖話を聞いたあとによくそこに行けましたね(^_^;)
私だったら絶対ムリ~v-404
普段見えなくても見えてきそうでチビってしまうでしょう(笑)

でも最後には必ず奥さんが登場なんですねv-411
愛がいっぱい伝わってきますv-344

2010/03/06(土) 21:56:28 | URL | iko #-[ 編集]
ikoさん、コメントありがとうございます。
そうですか、ikoさんも好きでしたか。v-410

実は、もっと怖い体験v-399もあるんですよぉ~

独身時代、住んでたアパートには、3人の霊が…v-12
v-16の首を.....................

ハハハ…v-407

あっ、
恐怖話の直後にそこへ行ったv-355のは、私の友人が意地悪v-37だっただけですv-219



でもね、
v-209のほうが.......................................怖いv-436っす。
へへへ…

2010/03/07(日) 06:16:21 | URL | heichan1109 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。