一家に一人いると、なにかと便利な『お父さん!』 そんな『お父さん!』の、日頃の頑張りや鬱憤を書き綴っているブログです。 どうぞ、よろしくぅ~~~。。。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月28日 (火) | 編集 |
皆さん、おはようございます。
(ただいま深夜です。)


夜勤から帰宅後、お風呂に入り、第4のビールに手を伸ばしながらパソコンに向かっている事に、人生の癒しを見い出しているheichan1109です。

妻が寝息を立てている時が、私にとって1番安らげる時間である事は、皆さんにしてみれば、太陽が東から昇る事のように、ご理解頂ける事でありましょう。





あっ、愚痴を言いだすと、止まらなくなるので、本題に入りますね。

今回の記事は…


『夫婦で、岩盤浴…』であります。


このお話は、実話に私の感情を隠し味として加えて、お伝えいたします。




そう…
あれは、一昨日の土曜日の事です。
妻が、朝6時から私のベッドの横で掃除機をかけ、私を事実上、叩き起こした朝の事です。


「今日、岩盤浴に行かない


「えっ、別にいいけど…」




あのね…
実は、2週間前、私が、「岩盤浴に、行きたいなぁ~って、言った時、


「そんな余裕が、うちの何処にあるのよっっっ
って、怒られたんです、私は.......................


まぁ、私の意見は即却下でも、自分(妻の意見は即採用

という、妻個人のルールに則っての事でしょうけど…


そんな訳で、我が家から車で15分の場所にある、『スーパー銭湯 with 岩盤浴』に出掛けました。



私は、サウナが好きなので、サウナにはよく行くんです。
サウナの暑さに比べれば、癒しの岩盤浴は、『全然、大丈夫…という自信がありました。



そんな私の自信を崩したかったのでありましょうか、妻には、ある作戦があったのでした。

その作戦とは…





そのスーパー銭湯にある岩盤浴には、それぞれの特徴に合わせ、部屋が6室~8室ほどありました。

木の香りのする部屋、水の流れの聞こえる部屋、マイナスイオンの出る石の敷き詰められた部屋、などなど。。。

そして、各部屋とも、室温が違うんです。


結局、私たち2人は、低温室→高温室の順で、5部屋に入る事にしました。

1部屋目は、40度…
まぁ、真夏日くらいの暑さです。

当然、サウナ大好きの私にとっては、30分は楽勝で入れる室温です。

妻と、隣り合わせに入りました。

妻は、15分ほどで、「暑いぃ~、もう(部屋を)出るぅ~~と言ったので、

私は、勝ち誇ったように、「もう、出るのかと言い、一緒に部屋を出たのでありました。



今、考えてみれば…

それは、妻の伏線だった事に気付けなかった私が未熟だったのかもしれません。



次の部屋は、45度でした。
当然、私は、30分は大丈夫…の部屋です。

妻は、私に、

「私はもう出るけど、あんたは、もう少し入ってていいよ」
「気持ち良さそうだから…」
「私は、
(部屋の)外で、休憩してるから大丈夫よっ


そう言うので、

「それじゃぁ、もう少し入ってから、休憩所に行くよ。」

そう言って、妻を送り出したのです。



その後、10分くらい経過したでありましょうか。
私も、それなりに汗を掻き、

『そろそろ休憩を…』と思い、部屋を出たんです。


すると、充分に休憩を取り、暑さを微塵にも感じないような顔をした妻が、


「次、行こうか。

と、無情なお言葉を発したのであります。


「あの…、俺、休憩を........................」


「行くわよ、次…」


「ハイ…」









頑張りました。





すると、妻がまた、

「私は出るけど、あんたはゆっくり入って行ってよねっ



「おっ............おぉ~」

もはや、拷問である事を知っていながらも、後には退けません


意地を張らなければ、苦しむ事もないと分かっていながら、


『まっ、負けへんでぇ~と思っていた事を、否定しません。


再び、妻より10分ほど長く入り、休憩に出た私に対し、既に計算通りの行動をとる私を甚振るかのように、


「行くわよ、次..................」




既に私にとっては、命を賭けた戦いであります。



サウナよりも低温であるとはいえ、インターバル無しで、3時間近く入ったその時の私は、超人を超えていたと思います。



やっぱり、癒しは、妻抜きで.................................

と、身に沁みた1日でした。











あっ、追伸です。

その後の私は、『水2ℓ、ジュース1ℓ、ビール2ℓ』を飲み干し、体重が増加した事をお伝えしておきます。
スポンサーサイト
2011年06月19日 (日) | 編集 |
皆さん、おはようございます。


でぐずついた天気の中、狭い我が家に所狭しと置いてある私のパソコンデスク、そして私の宝物のひとつであるパソコンの上に、思いっきりの洗濯物を干して下さる妻に感謝しつつ、毎日洗濯物をたたむheichan1109です。m(__)m

皆さん、お元気ですか





『梅雨明け宣言、早く来いっ
と一言を付け加え、前書きとさせて頂きます。
(やっぱり、前書きだったか.......................






あっ、
今日は、『父の日』ですね。


先月の『母の日』に、子供たちから何も貰えなかった妻の怒りが静まりかけてきた今日この頃、その子供たちが、もし私にプレゼントを用意していたとしたら....................恐ろしい事になる…



そんな『とらぬ狸の皮算用』ともいえる心配をしながら、今日という日を一生懸命に生きようと誓う、私です。







心配症の私とは全く正反対の妻は、未だ、就寝中でございます。





『プレゼントよりも、妻の攻撃を避けたい…

そう願う私は、幸せなのでしょうか、不幸せなのでしょうか............................




まぁ、こんな事で悩む私の大脳は、平和の象徴です。。。


ハハハ…(^^ゞ
2011年06月11日 (土) | 編集 |
皆さん、こんばんわ。



今日も元気に朝からリハビリに出掛け
帰りに『久しぶりにレンタルDVDでも観よう…』と思い、
店に寄ったらお目当てのDVDが全てレンタル中であったことに、『私の運の無さ…を感じ、
帰宅したら妻が外出していたことに、『開運の兆し…を感じた優柔不断のheichan1109です。





前回の記事でも少し触れましたが、今回の記事は…

『娘の自動車仮免許試験の事について…』です。


思えば…
自動車学校での技能教習(乗車)初日を終えて帰宅した娘は、


「あの車、右に曲がらないのよねっ
(そんな、アホな.................

と、のたまっていた…そんな奴が、もう仮免許を取ろうとしているのか…
(考えてみれば、危ない話です。)


そんな家族の小さな期待大きな不安を背負って、今週水曜日、自動車学校に出掛けたのでありました。



「お父さんっ、今日の帰りは夕方6時の電車だから、駅までお迎えよろしくねっ
※大学近辺の自動車学校の為、大学休みでも電車で出掛け やがり ます。


そんな言葉を残し、試験に臨んだ娘ですが…





ご帰宅は、お昼過ぎ…でした。




『仕事を終え、駅までお迎え…、そう思いながら帰宅した私の前に、娘の姿があったので、



「あれっ、お前、早いじゃないか。」

「たしか、夕方6時じゃなかったっけ




「あっ、今日は学科の試験、無かったのよねぇ。。。」



「えっ、そうなの

「また学科の試験だけ、別の日にあるのか



「だから、違うのよっ(気付けよっ

「最初(技能試験)っっから、また別の日にやるのよっっっ



「あっ、落ちたのかっ、仮免…」



「落ちたんじゃないわよっ、乗りあげたのよっエ・ン・セ・キ・に.............




「はっはっはっ........................
(おもろいやん、それっ)












免許、取った後が心配です。










あっ、追伸です。

翌日(木曜日)に技能補修を受け、更には翌々日(金曜日)にリベンジを果たし、不安いっぱいの私の気持ちとは裏腹に、ナントカ仮免許を取得しましたぁ。。。




という事で…
将来の不安を抱えながらも................................めでたし、めでたし…でした。。。m(__)m
2011年06月08日 (水) | 編集 |
皆さん、こんにちわ。


昨晩、いえ、早朝一時に右臀部~右足親指つま先に至るまで痙攣を起こし、あまりの痛さに20分ほど唸り声をあげていたら、それに気付いた妻が、「どうしたのっと聞いたので、「あ…足が……と応えたにも拘らず、「あっ、そう…とまた、眠りに就いた事にも腹を立てる事のない、最近もっぱら大人の風格を身に着けてきたheichan1109です。




今回の記事は、前回の続きともいえる内容になっております。


それはそれは…

息子の卓球の試合の結果.............................でございます。




そう、あの日は、私が会社から帰宅すると、息子は、やはり…


うな垂れていました。





そうです、当然の結果と言ってはなんですが、負けて帰ってきたのであります。




それでも、ナントカ励まそうと、

「試合、どうやったんやぁと声をかけてみました。



すると、

ズタボロやったわ。




そうです、『ズタボロ』とは…

『ズタズタ』に、心を引き裂かれ......................
『ボロボロ』の、劣等感を味わい、脱力感の塊と化した状態。

という時に使う、我が家の自信喪失時最大級の表現になっております。m(__)m




3セットマッチで、1セットも取れず、叩きのめされたそうです。




「俺は、ひょっとして、この世で1番のヘタクソかもしれんなぁ~」




「心配すんな。」

「お前は、お父さんに勝ったやないかっ

「そやから(だから)1番ヘタクソじゃなくて、2番目やっ
『励まし…』になっていない事は、30秒後に気付きました。(^^ゞ



すると息子は、

「これから、いっぱい練習せなあかんわ。と言ってきました。





あっ、皆さん、『前向きなのねぇ~だなんて思わないで下さいね。
騙されてはいけません。



この言葉の真意はねっ…



先日の学校での定期試験の結果が良くなかった事で、


『出来ないなら塾に通いなさいっ、費用は、またお父さんのお小遣いを減らせば何とかなるから…』
(て、てめぇ................)

という妻の命令を、この私(練習が忙しいから…と、)反論させようという息子の策略である事は、1マイクロ秒で気付きました。





そんな知恵を絞り出す能力があるのに、何故...........................


『俺が、奴に言っても、聞き入れてくれるわけがない…という事に気付かないのでしょうか


その、抜け具合が、私の遺伝子なのでありましょうか。。。








あっ、
更新が少し遅れた事で、次の予定でもある『娘の仮免許試験…の記事が遅れてしまいました。


今日、仕事から帰宅すると娘が、うな垂れて…
(さっきの息子の話と同じフレーズだ.........................




のお話は、また後日(それ、いつだっ…、更新しますからねぇ~~~
2011年06月04日 (土) | 編集 |
皆さん、こんにちわ。

先日の記事で、『6月から、木金休日・土日出勤』と書いておりましたが、これまた色々な都合で、『7月から…』と変更されました。

いったい、いつが休みなのか
先の読むことのできないheichan1109です。


あっ、
今日は、休日です.....................................................................たぶん。




今日は、朝から首に痛みが再発したので、家に残っていたお薬を飲み、リハビリに行ってきました。
(最近、調子が良かったので、油断しておりました…)
こちらも、先の読めない状態であることを、再認識させられました。
トホホ…






あっ、
今日は、息子の卓球(部活)の試合です。
先週は、先輩の試合(団体戦)の応援のみ…
(まだまだ、団体戦には出られる訳もなく…

とにもかくにも『試合に出たいオーラを醸し出していた息子も、今日は、(個人戦で)発散してくる事でありましょう。



そんな息子の対戦のお相手は…



「県内で、指折りのツワモノが、俺の1回戦の相手やし....................
「俺は、運がねぇなぁ~~~

と、朝から愚痴をこぼしておりましたが、
(言うまでもなく、愚痴こぼしは、私譲りです。(T_T)



「試合する前から、負けるなよっ
もしかして、ひょっとして、万が一にも…勝てば、お前も指折りのツワモノの仲間入りやでぇ~





「無理…





「もしかすると、相手がおなかをこわしていたり、ラケットを忘れたり..............」





「もぉ~ええっちゅうねん





「まぁ、当たって砕けてこいっ
(やっぱり、応援になってないですよね、これ....................(^^ゞ

そう言って、駅まで送り出しました。












私にとっては、そんな事よりも、『会場近くの駅で集合と言われた息子が、無事に電車を乗り換え、『会場近くの駅』に辿りつけたのか…という事の方が心配です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。