一家に一人いると、なにかと便利な『お父さん!』 そんな『お父さん!』の、日頃の頑張りや鬱憤を書き綴っているブログです。 どうぞ、よろしくぅ~~~。。。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月24日 (日) | 編集 |
皆さん、こんにちわ。


寒くなってきたというのに、『面倒くさい…というだけの理由で、本日まで部屋の隅に追いやられていた扇風機を、やっと片づけたheichan1109です。


ただ一言、言い訳をさせて頂くとすれば、我が家の扇風機は、リビング息子の部屋に各々配置されており、それらの3台とも、独りで奇麗に掃除移動をさせ仕舞い込む…という、いつも通り、私を除いた家族みんなの我儘なが、私を面倒くさがりにさせていたのであります。





...................................言い訳です、もちろん。。。m(__)m











いやぁ~、いい休みです、今日は…

&娘&息子は、妻の実家へと旅立ちました。



あっ、誤解しないで下さいね、今日だけです。

夕方になると帰ってき やがり ます。
(ちぇっ........................................




とりあえず、神様が与えてくれたこの時間を、大切にしなくては…



そんな訳で、天気が良ければ一人旅だったのですが、あいにく、今日は今にも降り出しそうな曇り空、いつも通りの『洗濯物取込み隊となったのでありました。






飴と鞭................................








(アメ)が降ると、一人旅でなく、洗濯物係になる事を知らなかった無知(ムチ)な私であります。


まさに、『アメとムチ』





えっ、
そういう意味じゃない








『くだらねぇ~~~




そう思われた方…

あなたは、極めて正常です。



あはは…(^^ゞ
スポンサーサイト
2010年10月09日 (土) | 編集 |
皆さん、おはようございます。


先日、会社の健康診断で、身長が1cm縮み、お腹周りが5cm伸びた、まさに伸び盛りのheichan1109です。


『涼しい…』を通り越して『寒いと感じる朝が増えてきた三重県でありますが、下着用にヒートテックのシャツを買って頂いた事で、『冬が来ても、暖房(エアコン)点けるなよっという妻の強い意思を感じているのは、私の被害妄想でありましょうか


そんな日々で、習慣のように教育されている私ではありますが、『我ながら、よく耐えているな…と、三重県の鈴鹿サーキットで行われる『8時間耐久レース』以上の耐久力を養われている事に、恐ろしさを感じている今日この頃です。


皆さん、お元気でしたか
(その言葉が出るまで、ここまで掛かるのか…)




あっ、先日の休日には…


私を睨みつけながら、ショッピングセンターで、ブーツを品定めしている妻に怯えて帰ってきました。

きっと、私のお小遣いの一部は、このブーツと化すのでありましょう。


『もっと、お小遣いをくれっ



言えるわけがございません。


私の命に関わる問題となる事は、すでに、皆さんならご存知の事であります。。。

そして、その後、妻がウインドーショッピングを堪能されていた2時間、ショッピングセンター内の『本屋さん』時間つぶしをし、帰宅しました。

そしてそして、その後、家の窓拭き床の掃除機かけ



やっぱり、会社に行ってる方がマシだな..............こりゃ…



あっ、
いつも通り.......................です、ハイ。m(__)m
















いつか…いつの日か、こんな生活、抜け出してやるっ






......................................無理だな、きっと…
2010年10月05日 (火) | 編集 |
皆さん、おはようございます。


ユニ○ロで、イチキュッパのシャツを手に持ち、


「これ、買ってくれっ

という私に、


「あんたねぇ、これから子供たちの進学にお金がかかるっていうのに、何言ってるのよっ

と叱られたその3分後、息子が、


「塾の帰り道、寒いから、このウインドブレーカー、買ってくれ

という言葉に、


「イチキュッパかぁ、その位ならいいよ。

と、即答した妻を恨めしく思う私は、悪い夫でしょうか。




皆さんのご意見、お待ちしております。m(__)m



いつも通りの前置きを書き終えただけで、すでに満足の私ではありますが、ここから本題に入ります。
(やっぱり........................







今回の記事はね

が、高校の卒業式に着る『着物&袴』を、貸衣装屋さんに借りに行った…というお話です。




娘の通っている高校は、制服がなく、私服で通っております。


卒業式も、私服(常識ある服装に限る…)という事で、この『着物&袴』で出席する女生徒が、約半数程いるそうです。
(ぜいたくな話だ.....................



私としては、元々、反対だったんですが、娘の強い要望と、妻の恐ろしい威圧感に負け、『着物&袴』をレンタルする事となりました。
(あいかわらず、弱い大黒柱?だっ




そんな訳で、私もその貸衣装屋さん(マ○エ)に同行しました。


その『マリ○』というお店には、たくさんの『着物&袴』(卒業式用)が並んでおりました。
(貸衣装屋さんだから、当たり前なんですけどね…(^^ゞ




さっそく、妻と娘は、はしゃぎ出しました。


その時の様子を、ここでご披露します。



「私、ピンクがいいなぁ~~~


「この赤いのも、大人っぽいよぉ~


「あっ、この大きな花柄、ステキぃ~



そんな会話の連発です。


そこで、私も、会話に参戦する事に.........................



「この、白地に淡いピンクの…」



「これよね、これっ



「そうねぇ…、あっ、でもお母さんはこの赤いのが…」


「いや、だからね、お父さんは、この淡いピンクの桜模様が…」


「そだね、この赤いバラの柄もステキよねっ


「でしょっ

「ねぇねぇ、これ1回、合わせてみたら


「うん、そうする。。。


「だから、俺は、小さな桜の柄の…」


「あのぉ~、これに袴を合わさせて下さいっ




「ハイ、わかりました。。。」






『もうええ、もうええわいっ、どうせ俺なんか、着物の事なんて................


その時から私は、イースター島の『モアイ像』のように、動かなくなりました。



まぁ、父親なんて、そんなもんです。





すると…


「お父さぁ~ん

と、妻と娘の声が…


『なんや…どうしたんや

『俺の出番が、あったのか




そう思いながら、二人の方を見ると..........................








「お会計、お願いね。






『お前ら、いつか、しばいたるっ




あっ、
すみません、言葉が悪かったですね。


『君たち、いつの日か..........................えーっと…』







やさしい言葉が見つかりません。







相変わらずだなぁ.............................

そう思われた方…



私も、同感です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。