一家に一人いると、なにかと便利な『お父さん!』 そんな『お父さん!』の、日頃の頑張りや鬱憤を書き綴っているブログです。 どうぞ、よろしくぅ~~~。。。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月29日 (金) | 編集 |
皆さん、こんばんわ。。。m(__)m
一週間のご無沙汰でした。


今、妻がお風呂に入っているので、私にしてみれば、『リラックスタイムです。
ほんの30分程ですが...............................

そして、この限られた時間の中で…お風呂に入る前に、妻が私に言った言葉を、ご紹介したいと思います。
たった一言です。


『今週、掃除した』              でした。






こんな私が、更新出来ましょうか
あっ、いや、更新していなかった言い訳ではないんですよ。。。
私が書けなかっただけなんですけどね.....................

へへへ…

そして…そんな妻も、『私に対する一週間の労いという名目で、『アイスクリームを買ってきてくれました。





寒い.........................................





『アイスクリームは、妻と娘と息子の好物です。

『寒い時に、こたつに入って食べるアイスは最高~~
だそうです。。。
(私1人の時には、こたつの電源コードは、何処を探しても無いというのに、皆でアイスを食べる時はこたつの電源コードが出てくるのは、不思議ですが…)



「お父さん、アイス買ってきてあげたよぉ~。」
(うそつけ



結局、お前たちの欲しい物じゃねぇか



あっ、いや、ありがとう.............................m(__)m

素直にそう言うべきなんでしょうか…



明日は休みです。
妻は、午前中、テニス...........................

私の『リラックスタイムが、再び訪れます。。。




...........................................................................いや、掃除機かけでした。トホホ…











いい日になりますよーに.....................
スポンサーサイト
2008年02月22日 (金) | 編集 |
皆さん、こんにちは。
いつも私の愚痴を聞いて下さって、ありがとうございます。

今回も、私の家族のお話です。

昨日の事です。


今週の私は、夜勤で、昼過ぎから出勤なので、家で出勤前の時間をくつろいでいました。

そして、その日は子供が進学3者懇談会があるという事で、娘は、朝10時に学校から帰宅、そして妻も会社を休み、2人で(娘は再度)中学校へ、出掛けていきました。

昼前に帰宅した2人は、何かを企んでいる臭いがしました。

「お父さん、今日も夜勤で大変でしょ、買い物に行く時間がなかったから、コンビニでお弁当でも買ってきて食べるそう聞く妻に、

『今日は、コンビニ弁当か…』
『まぁでも、食べた後、お皿を洗わなくてもいいし…』


そう考えた私は、
「おぉ、ええぞ…」
そう応えました。

すると娘は、
「ちょっと欲しい物があるから、お母さんにショッピングセンターに連れていってもらうね。」

と言うので、
「おぉ、そうか、じゃぁ、お父さんはひとりでコンビニに行ってくるから…」
と出掛けようとしましたが、私の素直な気持ちから1つの提案を思いついたのです。



ちょっと早い気もするけど…
私は、ショッピングセンターへ行くのなら、へそくりで買う事になっていた妻のバッグと、娘の腕時計を、買いに行こう。。。と.......

そう........................素直な気持ちで。。。


妻と娘は、

「お父さん、夜勤でしょ、仕事前に買い物なんて、疲れるじゃない。。。」




『なにかある...........』
『絶対、何かある。』


そう感じた私は........
「いや、行く、疲れない、絶対いく

と言うと、乗り気のない声で、

「じゃぁ、行こうか…」

という返事を頂き、3人で出動しました。


ショッピングセンターに着くと、まず妻のバッグ、そして娘の時計.........
次々と私のへそくりが、虫食まれていきました。
覚悟はしていましたが、会社でコーヒーを我慢してまで溜め込んだへそくりを、こうも簡単に使い込める2人に、もはや愛は感じられませんでした。

まぁ、買う事を約束した私が、いけないんですけど................(^^ゞ


そして、本来、『コンビニ弁当』であるはずだった昼食の時間がやってまいりました。
ショッピングセンターでいつも食べるフードコーナーの前にいる私を無視し、ちょっとオシャレなパスタ&ケーキのお店に入ろうとしたので、

「おい、何処いくんや
と聞くと、


「お昼は、ここよ。」
と言い返され、


「こんな店、入った事ないぞぉ~」
と言うと、


「お父さん、いない時は、いつもここやでなぁ~」



「エッ



「だから、お父さんがいる時は、いつものフードコーナーなのよ。」


「じゃぁ、今日はどうしてここなんや。」


「今日は、『ここにしよっ』、って決めてたから、2人で…」


「俺の『コンビニ弁当』は、その為だったのか


「そうよ.....


「だから、2人で出掛けようとしたのか


「まぁね。。。」

「だって、お父さん、質より量でしょ、フードコーナー向きだし.....」

「ねぇ。。。」
『ねぇ。。。』じゃねぇ






て、て、、てめぇらぁぁぁぁぁ~~~~

俺がいるときゃぁ『フードコーナー』で、
俺がいなけりゃ『パスタかよっ



俺はなぁ.....俺は会社のコーヒー我慢してまでバッグと時計買ってやったんだぞっ




恩にきせる気は、さらさらありません、しかし…

しかし............



この込み上げてくるものは、いったい何なんでしょう。。。








あっ、血圧計、調子いいです。。。
ハハハ…(^^ゞ
2008年02月18日 (月) | 編集 |
やりました。。。
とうとう、念願の…


へへへ…

新しい血圧計をゲットしました。

の写真がその念願の血圧計です。


新しい血圧計




以前使っていた血圧計は、腕帯を自分で巻き付けるタイプでしたが、『腕帯のマジックテープが測定中に剥がれてしまう』という事もあり、今回は、腕を差し込むタイプにしました。

何度も何度も、妻に説明して(電器屋か俺は…)、この血圧計に決めました。

まぁ、血圧計が新しくなったといっても、血圧が下がるわけではないんですが.....(^^ゞ



今日の夜から、早速使うぞぉ~~~っと。





え~~~..........
実は、ここからが、私のブログらしき記事になるわけでして…(^^ゞ


前回の記事でお話した、あの…
そうです、『ホワイトデーのお返しです。

そして、3月には妻の誕生日(息子の卒業式で持っていくバッグが欲しいそうです…)
更に、娘には、進学祝いとして腕時計(私が個人的に約束させられていました…)
という事で.....まぁ、なんとか、その分はへそくり、しておりましたが、ここに『5倍返しが入ってくると、やっぱり…

...............................キツイ
いや、もうお金が無い…


そう思った私は…



この2つを、『ホワイトデーのお返し』も兼ねて…という事にすれば...............
と思いつきました。

『誕生日がクリスマスという人が、2つまとめて1つのプレゼント…
みたいな感じで、『1つにまとめてしまおうという事です。


案の定、
『誕生日には、バッグを買ってもらえる…そう思っている妻には、油断が生じていました。



「ホワイトデーと、誕生日、両方合わせて1つでもええか.....」


「お小遣い、無いの
(あたりまえだろ


「まぁ、誕生日プレゼントの分は、血圧計、買うつもりでいたお金が残ってたから…」
(うそです、へそくりです、ちょっと言ってみただけです...........)


「ずっと前から欲しいって言ってたし.....しかたないから私が血圧計、買ってあげるわ。」
(言ってみるもんだな…)



そんな流れで、ゲットした血圧計です。


へっへっへっ...........





得した気分の私、実はこの記事を書きながら気付いた事があります。

それは…


妻と娘のプレゼント(予算を合わせると..........、血圧計よりも高くつくという事です。


やっぱり、私のお小遣いは、無くなるように設定されているんでしょうねぇ。。。
2008年02月15日 (金) | 編集 |
皆さん、こんばんわ、heichan1109です。
(.....って、いまさらではありますが…)

昨日は、『バレンタインデー』でしたね。

私にとっては、子供の頃から『バレンタインデー』というのは、寂しいものでした..........


あっ、
こんな寂しいお話ではありません
あっ、
いや、子供の頃よりも寂しいお話になるかもしれません.....
(どっちだ!)



今回は、私にチョコレートをくれた妻と娘のお話でございます。

実は、妻は、『当日、会社帰りに買ってくるから…と宣言されていました。
(夕飯の買い物じゃないんだから.....)

娘は、去年、本命チョコの試作品(失敗作)を私に、『ホワイトデー、ヨロシクね。と言って渡しやがった、頂いたので、今年こそは、『本命チョコと同等のチョコをくれという想いで、密かに期待しておりました。

あっ、ここで1つ、ご説明させて頂きます。
記事に出てくる『本命チョコ』というのは、彼氏ではなく、『お友達(女子)同士で、交換するチョコレート』と、私には、伝えられています。
(もちろん、信じております...........めでたい奴だ

バレンタインデー前日、冷蔵庫、覗きました


ありました、たくさん.....
今年は、『プチチョコケーキ』でした。

2つのトレーに乗った、そして、その2つのトレーの中には、いかにも、失敗作と、御本命様の名前が書かれているかのように、料理のできない私でさえ『一目瞭然』とも言えるべく代物が区別されて置いてありました。




『食っちゃおうかな..................形のいい方…』

私の中の『悪代官が、呟きました。



『やめとけ、お前の妻の血が流れてるんだぞ、あいつには.......』

反対の方から、『助さん、格さん』も同時に囁いていました。



最後は、水戸黄門の印籠のおかげで、食べずに済みました…
(子供の頃、『水戸黄門』、見ておいてよかった。。。)





私のもらったのは…



御本命様の方でした。
(ヤッターッ


娘の自作のチョコケーキ(開封前)       娘の自作のチョコケーキ(開封後)





まるで子供です、こんな事で喜ぶとは。。。 (^^ゞ


あっ、妻からもらったチョコレートは、です。

          妻からのチョコレート




へっへっへっ.............
(その笑い方は、止めたほうが......)





恥ずかしいので、喜んだ顔を見せまいと、パソコンに没頭しているかのような姿を、わざと見せていた私に、妻と娘が、言い寄ってきました。


「お父さん、今の相場は、5倍やでぇ~」


「エッ


「だから、5倍だって.....」


「何が.....


「ホワイトデーに決まってんじゃん


「会社の友達は、2倍~3倍が相場って言ってたぞぉ~」


「それは結婚してる人が、家族にお返しする場合でしょ、恋人同士は5倍なのっ


『お、俺って、結婚してなかったっけ
『おまえら、俺の家族じゃないのかっ



「いつまでも、そういう気持ちは大事だと思うの。」
「そうだ、そうだ・・・」
(お前たちが5倍返し、欲しいだけだろっ




『教えてくれ、このチョコレート、いくらだ...........5倍って、いくらだぁぁぁ~』






私は、定年まで、会社でコーヒーを飲めない気がします。。。
2008年02月13日 (水) | 編集 |
皆さん、こんにちわ。。。

今回は、この前の日曜日の私、そして、いつもの奴ら(家族)の一日を、お話します。
まぁ、簡単に言うと、いつもの、私の愚痴、私生活についてなんですが.....(^^ゞ


その日…
朝、目覚めると、寝室に妻の姿はありませんでした。

『おっ、あいつ、俺より早く起きるなんて珍しいな.....』
などと、私はほとんど寝ぼけた状態で、起き上がりました。

その瞬間、『ふっ…』っと、我に返り、現実の世界に戻ってきました。

『なにかある.....きっとある...........

そうです、休日に私より早く起きるのは、私に『掃除、よろしくと、置手紙を残し、テニスに出掛ける土曜日だけだ…、と身体で覚えている私は、その時、既に、身の危険を感じておりました。

『今日は日曜日だ、テニスはないっ


怯えながら、リビングへと向かいました。


リビングでは、妻が朝食を作っていました。


『勘弁してくれ
思わずそう叫びそうになりましたが、よ~く考えてみると、私は何ひとつ悪い事はしていない事に気付き、謝る事をやめ、覚悟を決めて、新聞紙を手に取りました。

すると妻が、
「お父さん、今日何か用事ある
(俺の用事は、いつもお前が作るんだろっ

「い、いや、別に…」(沢○エ○カか、俺は.....)

「今日、子供たちが『映画に行きたいって、言ってたよ。」

「えっ、そう?、ふぅう~ん」

『ふぅう~ん』じゃなくて…」

「えっ

「連れてってやってよ!」(この辺りから口調が変わり始めました。)

「何の映画や

『L(エル)チェンジ・ザ・ワールド』って、言ってたけど…」

実は、私もその映画は見たいと思っていたので、内心では、『やったぁ~って感じだったんです。

それに、娘も塾が休みだったので、たまには息抜きに…という事もあったんですけどね。


我が家がよく行く映画館は、ショッピングセンター内にあり、しかもシアタールームは8箇所もあるので、色々な映画が上映されております。


妻はショッピングセンター、私と子供たちは映画館.....

願ったり叶ったりです。


ほころぶ口元を隠しながら、少しめんどくささを演出し、

「仕方がない、連れていってやるか。」

と言ったまではよかったんですが、妻がいつものように、悪魔のような一言を放ちました。


「あたしは、『チームバチスタの栄光』が観たいのよね。」

「えっ

「だから、『チームバチスタの.......」

「ちょ、ちょっと待て、ひとりで見るの、それ.....」


「あんたとに決まってんじゃないのよ。」


「えっ、俺は、『L(エル)』の方が…」


「私があんたを誘う事なんて、滅多にないのよっ
(誘わんでもええわい


「そっ、そ.....そうだな、その映画も観たかったし…ハハハ.....
(うそです、知りませんでした、その映画.....)


「そうでしょ、この映画、お父さんも好きそうな映画だって思ってたのよね。
(うそつけ、お前が観たいだけだろっ)


「じゃぁ、行こうか.....その…『栄光のコマネチだったっけ


『チームバチスタの栄光』よっ

一発でバレました、興味が無かった事が…


でも、妻は、そんな些細な事で、「観に行かないとは、絶対に言いません。

映画館に着くと、妻が率先してチケット売り場に参列致しました。

『よかったぁ、俺が払うんじゃなかった。』
内心、ドキドキしていた映画料金も、免れました。

『ホッ…』


すると、妻が、「お父さ~ん、ポップコーンとジュース、よろしくねぇ~~~と、大きなお声で、叫んでくれました。


『やっぱり..........』
『また、会社のコーヒーとお別れか…

でも、久しぶりの妻との映画、『栄光のコマネチ』『チームバチスタの栄光』、私の情報不足というだけで、とってもよかったです。



帰りの車中では、子供たちに、『どうやった映画(エル)と内容を聞き出そうとしましたが、助手席に座る妻を見ると、『これ以上踏み込んではいけない…と、私を踏み止める何かを感じ.....やめました。


まぁ、『L(エル)チェンジ・ザ・ワールド』は、レンタルDVDで観ることにします。。。(^^ゞ





いい日曜日でした...........
2008年02月09日 (土) | 編集 |
前回の記事に、たくさんの『おめでとう&応援コメント』を頂き、皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。。。
ありがとね。(*^_^*)


さて、今回のお話は、またまた病院のお話です。
病院のお話という事は、『お笑いネタかと思われた方..........正解です。



以前、記事に書いた整形外科の先生なんですけどね.....

第一印象は…
『まじめで冗談が通じない.......
でした。

しかし…

見つけましたよぉ~、この先生の本当の姿を引き出す話題を…
............というお話です。



この病院、今日も行ってきたんですが、1時間30分も待たされ、待合室で待っている間に雪が振り出し、やがて積もり始めたので、私も少しイライラ感が芽生え始めておりました。
やっとの思いで診察室に行きついた私は、先生に、

『リハビリはいつ頃まで続くんですか
と、クールな表情で尋ねてみました。
(クールな表情ができるのか?お前に…)

もう腰は、殆ど痛みも無くなり、立ち上がることさえ容易になっていた私は、なんとか『臀部公開.....を避けられないかと、僅かながらの抵抗に出ました。

すると先生は、
「もう痛みは無いんですか?」
とおっしゃるので、
「はい、殆ど無くなりました。」
と答えました。

「それなら、今後は周期的ではなく、ケア程度にリハビリに来なさい、いつでもいいから。。。」
と言われ、

『よかったぁ、終わった~』
と思い、待ち時間のイライラ感も吹っ飛び、更に調子に乗った私は、
「先生、ゴルフしてもいいですか?」
って言ってしまいました。

「私はゴルフをやらないから、よく解りませんが、あれは、腰を捻るスポーツだから、お勧めできませんね、今のあなたには…。」
と、バッサリ切られました。

『やっぱり、ゴルフはダメか…
と諦め顔になった私に、先生が、

「アプローチまでにしなさい。
(アプローチとは、グリーンの近くからピンに向かって寄せる事で、軽く打つものです。)

「エッ


そして、先生はいきなり立ち上がり、
「このくらいの振り幅で…」
とか言いながら、ゴルフスイングを始めました。

『オイオイ、そこまでせんでもええがな.....』

すると、次は、
「このスイングで、痛みが無いようなら、次はハーフショットだな。。。」
(ハーフショットとは、半分の力(振り幅)で、スイングする事です。)
既に、先生は、自分の世界に陶酔していました。

『あんた、「ゴルフはやらない」とか言っておきながら、しっかりやっとるがな

看護婦さんも、そんな先生の姿を始めてみたようで、ビックリしていました。



最終的な先生のお話では、

『ゴルフが好きなら、止めちゃダメだっ。』
『自分の趣味は、大切にした方がいいよ。


最初のお話とは、正反対の結論に達しました。


『患者の前で、ゴルフスイングをする奴が、「ゴルフやらない」なんて、よく言えたもんだ。』
『見つけたでぇ~.......あんたとのつながり。。。』


へっ、へっ、へっ..............
(この笑い方、何とかならんのか…)



今度会う時には…

あっ
今日で終わりだった、通院。。。
でも.....また来るんだろうな、ゴルフで痛めた腰を押さえながら…(^^ゞ



皆さんにも色々ご心配をお掛けしましたが、『腰椎捻挫』、治療終了しましたよぉ~
2008年02月08日 (金) | 編集 |
先日受験した私立高校(2校)、両校とも合格しました。
よかったです。
『私立高校を落ち、更には公立高校も落ちたら…行ける高校がない
(親としては、最悪の状態を想定してしまう.....いけませんねぇ。。。)

そんな心配が耐えませんでしたが、とりあえず私立高校を合格できたので、私としては、ひと安心です。
(娘には、『ここからが勝負だなんて言ってますけど…)


リハビリの帰りに近くの神社に行き、私の少ないお小遣いから、初詣以上のお賽銭でお願いをした甲斐があったというものです。
(神様、ありがとう…
もちろん、娘の頑張りもあっての事だとは思いますが.....

いつも、私を蔑ろにしている娘ではありますが、やっぱり父親としては、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。


応援して下さった皆さん、ありがとね。。。m(__)m


さぁ、これから、第一志望の公立高校への挑戦です。
(.....って、私が受験するわけではないんですが…)
第一志望校への偏差値は、未だ少し足りません..........

『悔いを残すな、自分が挑戦したいなら、挑戦しろ。』
そう言ってしまいましたが、やっぱり心配です。

でも、今までの頑張りを見てきた私としては、やっぱり合格させてあげたい。。。


あとひとふんばり、娘よ、頑張れ




今回は、親バカheichan1109でございました..........(^^ゞ。
2008年02月04日 (月) | 編集 |

昨日は、節分でしたね。
『豆まき』、しましたか

(我が家)としては、子供たちが幼い頃、楽しく豆まきをしておりましたが、最近、1番年少の息子でさえ小6なので、投げられる(ぶつけられる)豆も、痛いです。
(お前は、松坂投手にでもなるつもりか

そして、我が家で1番ノリノリなのは...............妻です。



もちろん、ぶつける側ですから…


豆の購入も、忘れません。



くどいようですが、ぶつける側ですから…



子供たちも、そろそろ興味の無くなってきたお年頃にも拘らず、妻は、

「豆まき、しよう.....豆まきぃ~
(てめぇ~、ぶつけられる俺の身にもなれっ

その時の、気持ちを表した、私の鬼バージョンの写真がこれです。


鬼バージョンの、私。。。



私は、決して『なで肩』ではありません。

(まさか、私の初公開、全身の写真がこのような写真になるとは・・・・・

これから始まる事への、私の『やる気の無さが、解って頂けるんじゃないかと.....。

子供たちも、重い腰を上げ、仕方なく妻に付き合うような仕草をしながら、いざ豆まきが始まると、私に(日ごろの憂さ晴らしなのか.....)思いっきりぶつけだします。
(勘弁してくれ

昨日は、リビングからのスタートでした。
息子が振りかぶって投げようとしたので、すぐさま逃げました

もうその場所には…
『鬼はそとっ、福はうちぃ~
なんていう可愛い言葉は無く、ただひたすら投げつける.......それこそ
『鬼はお前たちだ
とも思える、家族がそこにいました。

私は、リビングから離れ、トイレの前の階段に座って、時が過ぎるのを待ちました

『寒い・・・』 、『痛い・・・』、『恐い・・・
(親に怒られ、外に放り出された小学生か…俺は

いつもなら、私を、『きゃっ、きゃっ…』と言いながら追いかけてくるはずなので、またその時がくれば、トイレに逃げ込むつもりでしたが、なかなか来ないので、リビングを覗きに行ったんですが..............

そのリビングの中では、テレビを見ながら、「きゃっ、きゃっ…」と喜んでいる3人がいました。



『放ったらかしかよっ


その時の私は、まだ『鬼のお面』を被っておりました。


ぶつけられるのは痛い、しかし.......
しかし、放ったらかしとは、いかなるものか…








来年は、やめよう.............................
2008年02月01日 (金) | 編集 |
皆さん、こんにちは。m(__)m

寒い日が続きますね。
体調、崩したりしていませんか。
『インフルエンザ』も、流行っているそうなので、お互いに気を付けましょうね

さて…
話は変わりますが...........(そろそろ本題に入ります。)

うちの息子『我が家では1番優しい奴だと思っていたんですが..........
今回はそんなお話です。

それは、私がブログの記事を書いていた時の事です。

息子は、私のすぐ後ろで、ノートパソコンのゲームを楽しんでおりました。


妻はテニスに出掛け、娘は塾に出掛け、私は気兼ねする事なく、妻への不満をこの【一家に一人は『お父さん!』】にぶつける事に集中していたんです。

そう...............集中していたんです。


しばらくすると、ゲームで声を張り上げていた息子が突然静かになったのですが、私はそんな事など、お構い無しに......

そう...............集中していたんです。


静かな時間が10分ほど流れ、突然、息子の声が聞こえました。
インターネットを楽しんでいる様子で、なにやら、興味のあるサイトを見つけたらしく、その記事を読み始めたんです。

ちょっと、耳を傾けてみると…

『おおぉぉぉ~、それ、読んだ事あるぞぉ~、俺も…』

「妻はテニスに、娘は塾、いい御身分です.....」

「あれ

「私は掃除機かけ.....」
(.....って、それ俺のブログじゃねぇか…)

「ちょ、ちょっと待てっ

「うちの妻は.....」 (だから、読むなって…



私は、ノートパソコンに開かれていたそのページを、あわてて閉じました。
そして、閲覧履歴も消し去りました。

『こいつには、URLを憶えるほどの記憶力は無い。』
『検索するような知能指数も無い。』
 (親が私だからか
『フッフッフッ.....』
 (.....って、俺は犯罪者か

「お前、何処からアクセスしたんや

『このノートパソコンの【お気に入り】には、入れてないぞぉ、俺のブログのアドレス…』
『おっかしいなぁ…


そう思っている私に、予想もしなかった息子の返事が返ってきました。

「お父さんのパソコンのURL見て、入れてみた

「エッ
「お父さんの後ろから、見たのか、このURLを.....」


「うん

『なんという事だ、あまりに集中しすぎて、息子が後ろから覗いていた事にも気付かなかったなんて…



.............................................「お母さんには言うなよ、この事…



そうです、私のこのブログ、妻に見られたら、私のお小遣いが減る事は必至です。
何より、自分の身を守る為にも、絶対に見せるわけにはいきません。


「お父さん、分かっとるがな.....へっへっへっ......」
(恐いぞ、お前…)

「あっ、そういえば、新しいシリーズのカード(いつものデュアルマスターズカード)昨日発売日やったなぁ~」
(てめぇ、親、ゆする気か








「よし、分かった、買ってやる
「いくらだ…


「450円

「そんな値段のカード、あったっけ

「150円のやつ、3個.....
(て、てめぇ~、足元見やがって、3個も買うのか…)

「仕方が無いから買ってやる、でもな.....覚えとけよ、お母さんに言ったら、お父さんの小遣いが減る、そして、今までみたいに、お前の欲しいものも買ってやれなくなる。」

「お前にとっても、ええ事ひとつもないんやでぇ~」

(称して…子供、まるめこみ作戦

すると息子が、
「お父さんの小遣い、今でもギリギリやでなぁ~」
(大きなお世話だ


妻がテニスへ出掛けているにも拘らず、

「読むな

と叫んだ私、過剰なまでに妻を恐れている事は明白です。

しかし、親をゆするとは、なんてぇやつだ




あっ
お母さんには、絶対に内緒にしといてね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。