一家に一人いると、なにかと便利な『お父さん!』 そんな『お父さん!』の、日頃の頑張りや鬱憤を書き綴っているブログです。 どうぞ、よろしくぅ~~~。。。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月28日 (月) | 編集 |
皆さん、こんにちは。m(__)m
今回は、いつもの…血圧でお世話になっている内科の先生のお話です。
お笑いネタです。

いつものように、ちょっと長~いお話になりますけど、最後まで読んで頂けると嬉しいです。


それは、もちろん私がいつものように病院にフロッピーディスクを持っていった時の事です。
診察室に呼ばれ、先生に、
「こんにちは、今日もよろしくお願いします。m(__)m」と言った瞬間から始まりました。

『プルルルル.....と、電話が鳴りました。

受付の人が電話に出たのですが、そのすぐ後に、
「先生、○○大の、○○さん(外人さん)から外線電話が入ってます。」という声がし、そして、先生が、私に向かって、

「あぁ、留学生でね.....、私の教え子のようなもんだ、ちょっと待ってくれよ、診察…」
とおっしゃったので、

「あっ、いいですよ、待ってます。」
と返事をしました。

すると、先生は、いきなり......

「Hello…ナンタラカンタラ.....ドウタラコウタラ.........」
(恥ずかしながら、最初の『Hello』しか解りませんでした。)
と、英語を話し始めたじゃぁあ~りませんか。

『す、すげぇ、すげぇよ、あんた…
『英語、喋ってんじゃねぇかよぉ~』
『やっぱり、お医者さんは、すげぇ


田舎者の私にとって、
『英語を話せる人=ノーベル賞にも匹敵する人』
というイメージを持っている(単に英語が苦手…というだけですが.....ので、あの『フロッピー事件以来、少し無くなりかけていた信頼を、

『取り戻したよ、あんた…、という感じでした。

そして、その英会話は、診察室にいる私を完全に無視し、長々と続いたのであります。

「ha!、ha!、ha!.....ナンタラカンタラ.....金ちゃん、おかずはフライデー(そんな事、言ってない…).......ドウタラコウタラ......」



待ちました、約10分................

英語が喋れる → 尊敬 → 会話が続く → 待たされる

こんな流れの中、私は、ひとり暇をもてあましながら無意識のうちに、ふと頭の中に流れた歌の替え歌を作っておりました。
その歌とは…

ちょっと古いですけど...........
平松愛理さんの、『部屋とYシャツと私』でした。
その昔、よく聴いていたので、ふと出てきたのかもしれません。
そして、替え歌の題名は…

『医者と血圧と私』でした。

平松愛理さん、そしてそのファンの方々、更には、『部屋とYシャツと私』という名曲に対して、とても失礼な事かもしれませんが、私もその名曲のファンの1人だったという事で、お許し下さいませ。。。

では、サビの部分だけでも…
エッ、聴きたく(読みたく)ないですか
それじゃー、仕方がないですね。
聴きたく(読みたく)ない方は、一気に跳ばして読んで下さい
(結局、書くのかよ.......)


医者と血圧とわたしぃ~、
愛する家族のためぇ、まいにち~測ってきたけれどぉ~
溜まり過ぎてるストレスゥ~
増加する体重ぅ
下がらぬ、けつあつぅ~

もし、私が先立てばぁ~
好物の『チョコパイ~
『お酒とぉ、いっしょに供えてねぇ~
抑えてたぁ塩分
我慢してた『ぽてちぃ』
あの世で、食べるわぁ~~



この替え歌の詩は、『ストレスと肥満は高血圧の原因です。
(あっ、これ、私です)
という事と、『塩分&ポテトチップスは控えめに…』
つまりは、私が先生にいつも言われている言葉を集約した歌詞になっております。(^^ゞ
更には、『チョコパイ』は、ロッテが好き.....という私の主張も隠し味で入れてみました。


病院で、このような事…不謹慎だという事は解っていながらも、僅かの時間で仕上げた事に、達成感を感じていました、その時の私は.....


その達成感の中、先生の英会話を再び目の当たりにした時、
『同じ人間なのに、何故こんなに違うのか…と少し悲しくなりました。

その、悲しそうな私の顔を見て、何を勘違いしたのか、先生が、
『スマン、もうすぐ電話切るから…』というジェスチャーをしてきました。

私も、負けじと
『イエイエ、お気になさらずに…』というジェスチャーで返しました。

『悪いけど、血圧計の腕帯、自分で巻いといてくれ

『解りました、自分で巻きます


ここまでくると、もう野球のブロックサインのようでした。

そして、準備が整い、あとは先生が電話を切るだけ状態になった時です。


受話器を下ろそうとする先生が発した言葉が…


「そんじゃー.....」でした。


『そ、そ、そんじゃー
『日本語じゃねぇか、それ
『最後は、グッドバイとか、シーユーアゲインとか、あはっぴーにゅういやぁ(違う)じゃねぇのか


私の先入観の問題でしょうかねぇ~


あっ
診察は、2分で終わりました、たった2分で.............






P.S
最近、病院のお話が多い気がしますが、私の身体が悪いのか、病院の先生が変なのか、お笑いネタがそれしか無いのか、皆さんのご想像にお任せしますね。
スポンサーサイト
2008年01月26日 (土) | 編集 |
皆さん、およそ一週間ぶりの更新になります。 m(__)m
決してサボっていたわけでも、更新する気が無くなったわけでもありません。

実は、また、『腰椎捻挫で、唸っておりました。

今回は、以前よりは少し軽症ですが、激痛が走ります。

以前、ご紹介した『おもしろい先生』『リハビリのおねいさん』『再開か…と思いきや.............

以前のおもしろい先生は、「『新しい設備』を導入したい(敷地の広さが足りない)という事で、病院をお引越しされ、我が家から、車で30分の場所に移転(院)されました。

そして、今までの病院(場所)は、ご友人の整形外科の先生に、お譲りになったとの事でした。



迷いました。


今まで、お世話になった先生に再び診て頂くか、その先生のご友人の先生に、引き継いで頂くか..........

結果としては、リハビリ通院も考えると、『近い方がいい、という事と、『あの先生のお友達なら、きっとおもしろい先生だろう…』という期待も込めて、先生のご友人の、新たな先生に引き継いで頂く事にしました。

早速、病院に行き、診察室で、ごたいめ~ん。。。

その先生は、以前の『髪の毛、真っ白の、おっさんタイプとは全然違う、『お洒落で、真面目、更には冗談が通じないタイプである、という事を見抜けなかった私は...........

「先生、た、立てません…とか、
「高齢の為ですかねぇ~とか、言ってみましたが、

「立てないのは、腰椎捻挫だからです。」とか、
「レントゲンを診るかぎりは、齢相応の椎間板ですよとか、返事が返ってきました。


『真面目だ、この人…』

『冗談言ったら、怒られそうだな


そう思い、冗談も言えないまま、診察室を出る事にしました。
(私は、いったい何がしたいんだ、この病院で…)



そして、リハビリが始まりました。

今回は、以前の『臀部丸出し事件で行われた『電気治療』に、『腰の牽引(引っ張り)治療』が加わりました。
以前のおねいさんは、いませんでした。

しかしながら、新たなおねいさんが、前回同様、私の臀部を露わにし、しかも、タオルで隠してくれる事も無く、私の臀部は、再び公開される事となりました。



『治療だ、治療なんだ、これは.............』



そう自分に言い聞かせた私は、その恥ずかしい状態のまま、隣のベッドへ顔を向けました。

すると、以前通っていた時にいたおばぁちゃんに遭遇しました。


病院の景色とは、変わらないものですねぇ~。

あっ、そのおばぁちゃん、私の事は完全に記憶から消えておりました

まぁ、また新たな出会い…という事にしておきましたが..........



そして、これからまた、他の知り合った方々にも再会する事になるんでしょうねぇ~。
私の事を、いったい何人の方が覚えてくれているんでしょうか。





話は変わりますが…
私、今回の新たな診察券で、『整形外科の4カード』が出来上がりました。
(ポーカーじゃないっつぅーのっ

『内科は、1ペア』『眼科も、1ペア』『歯科も、1ペア』
更には、『総合病院も1ペア』.............

今の私の財布の中は、お金ではなく、診察券でいっぱいです。



今日も、リハビリです。
コルセットをしながら、再び、臀部の公開に行ってきます。
2008年01月20日 (日) | 編集 |
昨日は、会社の新年会でした。
飲みました、いっぱい.....

お酒を止められている事も、すっかり忘れて飲みました。
1次会ではビール、2次会ではウイスキー水割り

『意志が弱い…』、自分で言うのもなんですが、こんな事でいいんでしょうか。



でも、楽しかったです。
足元がふらつくまで飲んだのは、久しぶりです。

そして、初めて妻が、車で迎えに来てくれました。
今まで、一度も迎えに来てくれた事のない妻が.....


『ウラがある、きっとある、何かとてつもない事が…

『いやいや、信じよう…、きっと優しい気持ちが、芽生えたんだ.....


そこには、『素直な私』と、『どうしても猜疑心を消す事の出来ない私』がいました。



警戒心の隠せないまま、妻の心ある運転で帰ってきた私は、家族全員が夜遅くまで起きている事を、気にすることなく、その後すぐに眠りました

朝起きると.....

まず息子でした。

「お父さん、昨日帰ってきた時、『デュエルマスターズのカード(2000円)』を買ってやるって言ってたやろ、買ってな.....」

「エッ、そんな事、言ったっけ




皆さん.....勘のいい皆さんには、この先のお話はご想像がつくかもしれません。
次は娘が…

「お父さん、本買ってくれるって言ったよね、いくらだ?って.....800円って言ったら800円くらいいつでも言えって、エラそうに言ってたよぉ、お願いねぇ~


その通りです。
その定かでない私の発言に、私を陥れようとする奴らが、そこにはいました。


止めは、妻です。

「お父さん、私の靴、買ってくれるって言ったじゃないのよ
(うそつけっ

「それは絶対言ってねぇよと言うと、

「どうして、私のだけ言ってないっていえるのよっ
(もともと、皆、信じてねぇよ


「おまえなぁ、俺の小遣いで、買えると思うか お前の靴…」

「しかも、給料日前.....
(あっ、また俺の小遣いを貰ってからという事か…)

「年始から今日まで、会社でコーヒーさえ我慢してたんだぞぉ~、俺は…

(実際は、へそくりで飲みましたけど…、コーヒー.....)

「また来月まで、我慢しろってぇのか(飲みました。。。)




私の涙ながらの訴えで、何とか、『妻の靴は、勘弁してもらいました。








恐ろしい奴らだ。
子供たちも、どんどん妻に洗脳されていっている。


結局…2000円のカードと、800円の本を買わされました。

タクシーで帰ればよかった。


新年会…『今年も、頑張るぞぉ~と思った矢先、いきなりカウンターを喰らった…って感じです。






今年1年、乗り越えられるんでしょうか..................(そこまで飲むなよ…)
2008年01月14日 (月) | 編集 |
それは数日前の出来事です。

受験生(中3)の娘が、私に、

「お父さん、この問題、わかる

と、数学の問題(塾の模擬試験問題)を持ってきました。
私は、学生時代、他の教科はズタズタボロボロでしたが、数学だけは得意だったので、以前から子供たちに自慢していました。

「何や、解らんのか
「数学の事なら、お父さんに聞け


と、その時も豪語しておりました。


そしてその問題は、2次関数の問題で、グラフと方程式から、Xの値を求めるというものでした。

今から言い訳をするわけではありませんが、私は、病院から止められているお酒をたらふく飲み、既に『酔っ払い親父と化しておりました。

しかしながら、約10分後..............ナントカ解きました

「【X=3】やでぇ
「解らん問題があったら、いつでも、お父さんに聞きに来なさい


と偉そうに言ったその時であります。


「【X=3】…」
「正解
 (お前は、『み○もん○』

と娘が言うではありませんか。


『てめぇ~、俺を試しやがったな


そうなんです、私に出来るかどうか、娘が私に問題を解かせたのです。
しかも、その後、娘が、

「私は2分で解いたけどね...............と。。。



「お父さんはなぁ~、今お酒を飲んで集中力がないんや
(自分で言うのもなんですが、完全な言い訳です…


『くっそぉぉぉ~、今度は、しらふの時に来い

と、悔しい気持ちを抑えられず、眠れぬ夜を迎える事になりました。






高校受験…頑張って欲しいものです。。。

2008年01月09日 (水) | 編集 |
皆さん、以前記事にした私と病院との出会いのお話、憶えていらっしゃいますか
『初めての…』です。
あまり何度も読める記事ではないと思うのですが、お忘れになられた方は、そちらも、ご覧下さいね。
今回は、その続編で、
『私がその先生とお付き合いを始めたのは何故
というお話です。

あっ、決して前回のような、ちょっとお下品というお話ではないので、今回は、お食事前の方も安心して読んで下さい。m(__)m



それは、会社での健康診断がきっかけでした。
私は、その年齢からは珍しいほどの高血圧という結果に、
『病院に行き、相談しなさいという御沙汰を受けました。
何処よりも近いあの病院ですが、
『もうあそこには行きたくない
という私の願いとは裏腹に、【患者が少ない】→【時間が掛からない】という安易な気持ちも私にはありました。
そこで、職場の仲間に病院の評判を聞く事にしたんです。
すると…
『あそこの先生は、偉そうだとか『あの病院に行く奴は、変わり者だとか、散々な結果となりました。

『やっぱりやめよう…』

と思い、総合病院に行くつもりでいた私に、ひとりの友人が、
『あの先生は【医学博士】という肩書きを持っている。』
と教えてくれました。

高血圧、そしてそれにまつわる病気には命に関わる事もある、と脅かされていた私は、
『あと1回だけ行ってみよう。
『それでいやなら、違う病院を探そう

そう思い、再び訪ねる事にしました。



「先生、会社の健康診断で、高血圧って言われたんですけど…」

「その歳でか

「はい…」

噂通りの『えらそうな態度』、そして、いかにも『私は医者だといっているかのような高飛車なものの言い方、全てにおいて、私は弱者のようでした。

帰りには、フロッピーディスクを渡され、
『ここに、毎日、朝晩の血圧を測り、その測定値を入れて持ってきなさい。』
との支持を受け、血圧の薬を頂きました。
薬は2週間分までしか出せないそうなので、2週間後に再び行く事になったのです。


『違う病院に行こうか
という葛藤の中、薬を飲んでからの経過と渡されたフロッピーディスクが、私と先生を結び付けていたので、2回目行ってイヤならやめようと思い、2週間後に再び行く事にしました。


そして、その時がやってきました。

先生に、血圧測定値の入ったフロッピーディスクを渡すと、先生は自分のノートパソコンにそのフロッピーディスクを挿入しました。
しかし、パソコンは、反応しませんでした。
そのパソコンは、かなり古く、フロッピードライブが壊れているようでした。

『なぜ、動かないのか
と困っている先生を見ながら、私は、少し勝ち誇った気持ちになり、眺めておりました。

すると先生は、
「パソコン、動かないみたいだから、憶えている範囲でいいから、血圧、言ってみろ
とおっしゃるじゃありませんか。

『そんな、2週間分の血圧なんか憶えているか
とも思いましたが、私の拙い記憶を辿り、分かる範囲で応えたんです。
(何の為に、フロッピーを持ってきたんだ

「次に来る時までに、新しいパソコン、買っておくからな
と相変わらず、えらそうな口調で、私にのたまい、その日を終えました。

そしてその2週間後...........
診察室に入ると、先生が、嬉しそうな(まるで子供のような)顔をして、私を迎え入れてくれました。

「買ったぞ、パソコン (俺たちゃ、友達か

「どうや、新品やでェ~.....」 (当たり前だろ、病院の必要経費で中古買うわけねぇじゃねぇか

『まぁ、少しは人間味のある奴だ…』と、思い、
「先生、いいの買いましたねぇ~と優しく言ってあげました、が.............


「早く、フロッピーを渡しなさい (やっぱり高飛車だ、こいつは…)

そして、フロッピーを渡すと…

「あれっという先生の声が聞こえました。

実はそのノートパソコンには、フロッピードライブが内蔵されておりませんでした。


.......................『何の為に買ったんだ

挙句の果てに、DVDスーパーマルチドライブのトレーに、フロッピーディスクを載せて、突っ込もうとしていたので、

「先生、そこは違うと教えてあげました。
『こいつ、俺より知らねぇーな.....』
そう思った私は、今までのえらそうな態度に、反撃を始めました。

「先生、このパソコンは、フロッピーは使えませんよ。」
「別売りの外付けフロッピードライブを買ってこないと.....」


「そんなもの売ってるのか

「5000円くらいで売ってますよ

「おお、そうか、じゃぁ今度来るまでに買っておくから...............とりあえず、2週間分の血圧を言ってくれ
(結局、言うのかよ


そして、2週間が過ぎました。
『今度こそは…と、まだ一度も病院で開いた事のないフロッピーディスクを持っていきました。

もう既に、違う病院に行く事は、私の頭の中にはありませんでした。


「フロッピードライブ、買ってきたでぇ~
そう言って迎え入れてくれた先生の姿は、もう友達そのものです。

フロッピーディスクひとつで、ここまで、人間が変わるとは、私自身思ってもおりませんでした。

そして、買ったばかりのパソコン、そして、これもまた買ったばかりのフロッピードライブ、まるで新しいおもちゃを買ってもらった子供のようにはしゃぐ先生、そんな中で、私の診察が始まりました。
ドライブにフロッピーディスクを挿入、マイコンピュータをダブルクリック…


「あれっ
「出てこないぞ、フロッピードライブの絵(アイコン)


「えっ、そんなはずはないでしょ。」

「でもほら、見てみろ、出てきてないだろ。」

「おかしいですね。」
「どうしてなんだろ。。。」


『今回もフロッピーディスクは開かれないのか。』
と諦めかけた時、私のカルテで隠れていたパソコンの裏側が露わになり、そしてそこには、挿さっていないUSBケーブルが、『挿してくれと言わんばかりに、ぐったりと寝そべっておりました。

「先生 これ挿さないと…」
と言う私に、

「これ挿さないと動かないのか(当たり前だろ、ワイヤレスかよこれは・・・)



やっと開く事ができました。




それ以来、先生も、あまり高飛車な態度を執らなくなりました。

そして、先生と私のお付き合いが始まったのです。








それはともかく、ひとつだけ気になった事があるんです。

『ここの病院は、フロッピーディスクを持ってくるのは俺だけなのか

いつの日か、聞いてみたいと思います。


2008年01月05日 (土) | 編集 |
皆さん、お正月を堪能されましたでしょうか

私は、昨日、妻の実家から戻ってまいりました。
(妻の実家は、我が家から車で1時間くらいで行けるんですけどね、実は......)

2泊3日でした。
妻の実家での私の仕事は運転手と荷物持ちくらいしかないものの、精神的にはチョット疲れたって感じです。
決して、義父母がイヤという訳ではありませんが、やっぱりお互い気を使い合うところもあったりして…

まぁ、お酒を飲むまでの話ですが......

お酒を飲むと、私は変貌します。
あっ、決して暴れたり…とかじゃないですよ。
今より少しだけ......ほんの少しだけおしゃべりになるという事です。
『今でも、相当おしゃべりだろと思われた方......私のブログをかなり読み込んでらっしゃいますね、ありがとうございます。m(__)m


ここで、義父母の事を少しだけご紹介しますね。

義父は、今では高齢の為お酒をあまり飲まないんですが、私が妻と結婚した頃は、私が潰れるまで飲まされたものです。
まぁ、私はすぐ潰れるんですけどね.....
そして結婚前、「あいつは恐いでぇ、ほんまにええのか、恐いでぇ~~」と私にアドバイスをくれた人です。
(アドバイスを聞いときゃよかった・・・)

義母は、私に『へーちゃん』という名を付けたひとりです。
最初は、妻が私に『ヘラちゃん』(いつもヘラヘラ笑っている為)というニックネームで呼んでいたんですが、義母が、「そんな名前を男の人に付けるなんて…とクレームをつけ、『へーちゃん』となりました。
義母は、それでも、男性に向かって『ちゃん』付けという事が納得ができなかったらしく、私の事を、『へーさん』とお呼びになっておりました。
時々急いでいる時には、『へさんとお呼びになった事もあります。
(ちょっと、臭いそうな感じがして、私としてはあまり..............でしたけど…)



そして今年も、みんな元気で新年が迎えられて良かったです。


昨年は、『健康第一』を痛感した年でした。
今年は、1年を通して健康維持を第1目標に、頑張ります







............と、まとめましたが、皆さんにどうしても見て頂きたい物があり、更に続きます。

おいしそうな…○○まん


この画像は、妻の実家の近くのショッピングセンターで買った『肉まん』です。
色違い(茶色の豚)で、『餃子まん』というのもありました。


『共食いだろ

という周りの声に、動揺する事もない程に太っている事に慣れてしまったのか
腹も立たない自分を喜んでいいものなのでしょうか................

でも、かわいいと思いませんか。

『正月から、こんな写真しか撮ってないのか
と反省しつつも、『おいしかったなぁ…と思い出してしまう私でありました。






そりゃ、太るわな。。。


2008年01月01日 (火) | 編集 |
あけまして、おめでとうございます。m(__)m

皆さん、謹賀新年、恭賀新年、迎春、寿、あ・はっぴぃ・にゅういやぁ…です。
元日から、更新している私は、決して暇をもてあましているわけではないんですが、昨年末から、『連日のお買い物』を妻に引き連れられ、運転手に任命された為お酒を飲む事もできず、頑張っている男がいた、というご報告をしたくて、パソコンに電源を入れました。

今年は、
『絶対福袋を買わない』
『欲しいコートだけを買う』
 (おいおい、ジャンパーじゃなかったっけ???)

妻の話によると、欲しいジャンパーよりも、妥協したコートにしてくれたらしいです。
(私への思いやり…って、結局10000円でした。
更には、『福袋、買っておりました。 (嘘つきめ


私は、自分に残されたお小遣いで、ショルダーバッグ(因みにお値段は4980円)を買いました。
(みんながいろいろ買っている中で、『私だけが荷物持ちというのがあまりに悔しかったので…)

もう次の給料日まで、タバコ代しか残っておりません。
まだ1月1日だというのに......


また今年も、『例年通り…と言ったところでしょうか。




お買い物から帰ると、妻は上機嫌、そして、私も運転手&荷物持ちという大役を果たし、やっとの思いで、お酒に辿り着きました

まずは、第3のビール、そして、熱燗.....あとはウイスキーだな。。。
病院から止められているにもかかわらず、飲んじゃいました。.....(^^ゞ

『お正月だけだから…、そんな甘い気持ちと、私の今日一日のストレスから............................................................................................飲んじゃいました。



今日は、早めに寝よっと..........


そんな事で、新年のご挨拶を私のストレスに乗せて(迷惑な…させて頂きました。


皆さん、今年も、よろしくお願いしますね。。。 m(__)m


あっ、明日から1月4日まで、妻の実家で過ごします。
今度は、妻の実家の近くのショッピングセンターへ出動となる予定です。
(また買い物かよ



.....................................休みたい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。